スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宝塚のイタリアンレストラン ロッソネロ「rosso nero」植松寛さん

「rosso nero 植松寛さん


 阪急逆瀬川駅から16号線を有馬方向にゆるやかな坂道を上ったマンション街の一角、アヴェルデ4番館の2階にイタリアンレストラン「rosso nero(ロッソ ネロ)」がある。このレストランを訪ねたのは、2013年盛夏だった。私達は長年住み慣れた東京を離れ、宝塚にやって来たばかりだった。同じ日本とは思えぬ慣習の違いに戸惑う日々であった。昼食を取ろうとレストランに入ると、立派な木製の梁と白壁、オシャレな額装とピアノ、窓から望む緑豊かなロケーション、まるでイタリアのリゾート地を訪れたような気分になる。厨房の青年が初々しい笑顔で迎えてくれた。その人がオーナーシェフの植松寛(うえまつひろし)さんである。ストレスと緊張感から解放され、ホットできるひと時を過ごした。勿論、味も充分に満足出来た。転居する3年程前から家を捜すため、何度かrosso neroのあるアヴェルデ(マンション名)を訪れたことがあった。だが、その頃は、こんな洒落たレストランはなかった。rosso neroは、イタリア語で赤と黒という意味。後に、植松さんが小中高時代にサッカー少年であり、昔からイタリアのサッカーチームACミランが大好き、チームカラーのrosso(赤)とnero(黒)も気に入っていたことを知り、その由縁に納得したのだった。

                                                文と写真:奥村森

もっと詳しい記事は「宝塚からの宅急便」下記をクリックして下さい。
http://tanukuro2013.jugem.jp/?cid=16

rosso nero ホームページ
http://rossonero.be5.net/

スポンサーサイト

「てんぷら矢吹」 矢吹恭一さん

「てんぷら矢吹」矢吹恭一さんと子息

「てんぷら矢吹」との出会いは、数十年前に父と訪れたのがきっかけだった。兎にも角にも「美味しい」というのが第一印象であった。以来、仕事で頑張った時、人間関係で悩んだ時、心機一転をはかる時、友を祝う時、僕は、必ず矢吹さんの天ぷらを食べることにしている。寡黙な矢吹恭一さん、いや、顧客への気配りから会話を封印しているというのが正解かも知れない。主人が、常連さんとだけ会話する店をよく見かけるが、馴染みのない客にとっては、決して感じのよいものではない。なかには話しかける人もいるが、矢吹さんの会釈だけで会話は成り立たつ。矢吹さんの料理を何十年も食べてきたが、いつも満足、失望したことは一度もない。味も上品、自分にとっては世界一の天ぷらだと思っている。

私の仲間が西荻春秋というブログで「てんぷら矢吹」を取材した記事があるので、店の様子を知りたい方は、是非ご覧下さい。
http://shoan-sha.cocolog-nifty.com/nishiogishunjyu/2015/06/60-a48d.html
「てんぷら矢吹」
住所:東京都杉並行区高井戸東3-28-24 ドムス高井戸1F
電話:03-3334-0070

武蔵野うどんを通して考える農と食卓

_06_a_2[1]           
平成26年2月16日、すぎなみ大人塾で「農と食を考える」が開催された。ユネスコ無形文化遺産に登録された「和食」。武蔵野うどんと精進揚げなどかつての物日の食事を再現、試食しながら語らうイベントだ。講師は窪田幸子さん(杉並区グリーングラス窪田農場)である。

テーマは下記の通り
1 「和食ってなに」武蔵野うどんと暮らし
2 武蔵野うどんを試食
3 農業と流通システムの変遷と生産物の変化
4 環境と自分自身の為にどう「食べる」べきなのかを考え、話し合い、導き出すきっかけを作る
5 我が家の農業システム 自然循環型農法について

講義内容
食を巡る環境が、大きく変化しようとしている。毎日食べているものがどこでどうやって作られて来たものなのか把握できていないというのが現実。「和食」がユネスコの無形文化遺産に登録された。無形文化遺産への登録に「顕著な普遍的な価値」は求められない。重視されるのはその文化を支えるコミュニティー、つまり、食は文化だということである。
日本に於いて実際は厳しい状況におかれている「和食」。その理由はさまざまあるとしても、この変化の中でも食というのは「単なる食料だろうか」という問いかけが人々の意識の中にあるように思える。食べやすいように作りやすいように日々研究が積み重ねられていく現場とは別に、どうして価格や生産性、利便性だけで食を考えてはいけないのか。厳しい時代の生活との迫間に、漠然とした想いを抱く人も多いのではないだろうか。
この講座ではかつての武蔵野周辺の村のコミュニティーと食文化の一部を体感。この土地、この地方の気候、風土、いまの季節に環境に負荷をかけずに食べられる食事。そしてその文化がなぜそのように形成され、そこから現代までどのように生産と流通と人々の意識が変化したのかを現場の視点で語った。窪田さんは、環境と自分自身の為にどう食べるべきかを真剣に考えなければならない時代だと指摘する。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。