スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

武蔵野うどんを通して考える農と食卓

_06_a_2[1]           
平成26年2月16日、すぎなみ大人塾で「農と食を考える」が開催された。ユネスコ無形文化遺産に登録された「和食」。武蔵野うどんと精進揚げなどかつての物日の食事を再現、試食しながら語らうイベントだ。講師は窪田幸子さん(杉並区グリーングラス窪田農場)である。

テーマは下記の通り
1 「和食ってなに」武蔵野うどんと暮らし
2 武蔵野うどんを試食
3 農業と流通システムの変遷と生産物の変化
4 環境と自分自身の為にどう「食べる」べきなのかを考え、話し合い、導き出すきっかけを作る
5 我が家の農業システム 自然循環型農法について

講義内容
食を巡る環境が、大きく変化しようとしている。毎日食べているものがどこでどうやって作られて来たものなのか把握できていないというのが現実。「和食」がユネスコの無形文化遺産に登録された。無形文化遺産への登録に「顕著な普遍的な価値」は求められない。重視されるのはその文化を支えるコミュニティー、つまり、食は文化だということである。
日本に於いて実際は厳しい状況におかれている「和食」。その理由はさまざまあるとしても、この変化の中でも食というのは「単なる食料だろうか」という問いかけが人々の意識の中にあるように思える。食べやすいように作りやすいように日々研究が積み重ねられていく現場とは別に、どうして価格や生産性、利便性だけで食を考えてはいけないのか。厳しい時代の生活との迫間に、漠然とした想いを抱く人も多いのではないだろうか。
この講座ではかつての武蔵野周辺の村のコミュニティーと食文化の一部を体感。この土地、この地方の気候、風土、いまの季節に環境に負荷をかけずに食べられる食事。そしてその文化がなぜそのように形成され、そこから現代までどのように生産と流通と人々の意識が変化したのかを現場の視点で語った。窪田さんは、環境と自分自身の為にどう食べるべきかを真剣に考えなければならない時代だと指摘する。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。