スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベルク・バイオリン工房 桂敏明さん

桂敏明さん
「西荻春秋」の取材でバイオリン職人の桂敏明さんを訪ねた。バイオリン知識のないスタッフが取材するので心配だったが、あらゆる分野に通づる「ものづくり」の基本理念を説得力ある言葉で語られた。とても明解で興味深かった。

桂さんの言葉には哲学がある。

「形が音」
「最初に本物を見ることが一番大事」
「楽器は作って直ぐに鳴るわけではない、出来た時点で鳴る楽器は駄目」
「職人は500年鳴るように作りたい、ずっと弾いて鳴るように作らなければいけない」
「楽器づくりは人間関係と似ている。人の気もちもわからないようなら、楽器の気もちもわかる訳がない」

下記の「ベルク・バイオリン工房ホームページ」と「西荻春秋」のリンク欄をクリックして、バイオリン職人の世界に触れて頂けると嬉しいです。

ベルク・バイオリン工房 ホームページ
http://bergviolin.jp/

「西荻春秋」
http://shoan-sha.cocolog-nifty.com/nishiogishunjyu/2016/10/post-7e45.html

ベルク・バイオリン工房 Maker & Restorer 桂敏明
住所:東京都杉並区松庵3−39−3 電話:03-3334-7179
営業時間:10:00-20:00
定休日:日,月曜日
JR西荻窪南口より徒歩4分
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。