スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宝塚のイタリアンレストラン ロッソネロ「rosso nero」植松寛さん

「rosso nero 植松寛さん


 阪急逆瀬川駅から16号線を有馬方向にゆるやかな坂道を上ったマンション街の一角、アヴェルデ4番館の2階にイタリアンレストラン「rosso nero(ロッソ ネロ)」がある。このレストランを訪ねたのは、2013年盛夏だった。私達は長年住み慣れた東京を離れ、宝塚にやって来たばかりだった。同じ日本とは思えぬ慣習の違いに戸惑う日々であった。昼食を取ろうとレストランに入ると、立派な木製の梁と白壁、オシャレな額装とピアノ、窓から望む緑豊かなロケーション、まるでイタリアのリゾート地を訪れたような気分になる。厨房の青年が初々しい笑顔で迎えてくれた。その人がオーナーシェフの植松寛(うえまつひろし)さんである。ストレスと緊張感から解放され、ホットできるひと時を過ごした。勿論、味も充分に満足出来た。転居する3年程前から家を捜すため、何度かrosso neroのあるアヴェルデ(マンション名)を訪れたことがあった。だが、その頃は、こんな洒落たレストランはなかった。rosso neroは、イタリア語で赤と黒という意味。後に、植松さんが小中高時代にサッカー少年であり、昔からイタリアのサッカーチームACミランが大好き、チームカラーのrosso(赤)とnero(黒)も気に入っていたことを知り、その由縁に納得したのだった。

                                                文と写真:奥村森

もっと詳しい記事は「宝塚からの宅急便」下記をクリックして下さい。
http://tanukuro2013.jugem.jp/?cid=16

rosso nero ホームページ
http://rossonero.be5.net/

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。